エンターテイメント集団SoundWorksHRが仕掛ける次代のイベントとその情熱

9月17日、私はライブイベントへ行って来た。

四谷ロータスというライブハウスだ。

その日は台風の押し迫る足元の悪い夜だったが会場は大勢の観客で埋まっていた。

その日のイベントは

ANYTHING THERE ENTERTAINMENT  2017 Vol.3 と銘打たれていた。

私は以前取材でお世話になった初ライブの黄金むぎさんと初MCの若宮まりあさんを取材する機会を得た。

本日初MCとは思えない司会進行ぶりだった若月まりあさん。

最初こそ緊張していたものの、徐々に会場を温めていた。

 

AV女優を起用したライブイベントというと、その演者の100%がAV出身の人というのが定番なのだがANYTHING THERE ENTERTAINMENTのイベントは一味違う。

AV出身の演者さんとそうではない演者さんが一つのステージを共に作り上げているのだ。

筆者はその部分に新しさを感じた。

本日、初ライブだった黄金むぎさん

自分を落ち着かせる為に胸に手をやる姿が印象的だった

歌い終わった時にホッとした表情を見せる黄金むぎさん。

アコギ一本でハードロックを弾き語る小山大介さん

氏にとっても新しい試みのイベント参加であるはずなのに堂々としたステージングで観客を魅了

 

その日のライブでもそうだったのだが、

歌の内容にアニソンが多く、たまたまなのかな?と思っていたらそうではないみたいだ。

林原めぐみさんの曲を多めに披露してくれた葉月美音さん

 

ANYTHING THERE ENTERTAINMENTさんのHPを覗いてみると「歌ってもらいたいアニソン」の募集を随時おこなっている。

そこで集計したアニソンを、次のイベントの時に実際に演者さんに歌ってもらうという仕組み。

 

そこにインターネットを利用した新しいソーシャルネットワーク、デジタルとアナログの融合を感じたのはいうまでもない。

12/17には次のイベントが開催決定しており、

「ATE Vol.4 みんなで作るアニソンセットリスト♪」を募集しているのできになる人も気にならない人も一度、誰かに歌ってもらいたいアニソンを応募するのは一つの新しい楽しさだと考えられる。

この「」というイベントはSoundWorksHRというマルチエンターテイメント集団が主催している。

ANYTHING THERE ENTERTAINMENTは、

今まであるようでなかった新しいイベントである。

この様な今まで接点を設ける事ができなかった層同士が一緒の空間で一緒のイベント楽しむというイベントがもっともっと増える事を筆者は願ってならない。

ANYTHING THERE ENTERTAINMENTの次の開催日は12月17日。本イベントのこれからの更なる飛躍に注目したい。

<<イベント情報先>>

——————————————————–

SoundWorksHR ←こちらのTwitterにてANYTHING THERE ENTERTAINMENTの最新情報を入手できる。

ハッシュタグは #A・T・E

soundworks HP  ←こちらにてアニソンの応募が可能10月20日まで